【人事・労務】定年再雇用者にかかる無期転換権の発生とその対応

「会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座」を更新しました。今回
のテーマは「定年再雇用者にかかる無期転換権の発生とその対応」です。改
正労働契約法が施行されてから4年強が経過しました。いよいよ来年度から無
期転換権が発生しますが、定年再雇用者については無期転換権の特例があり
ます。ぜひ、こちらからご確認ください。

【人事・労務】採用面接時に持病の確認をすることは問題ないか

【Q】自動車運転中に、てんかんの発作が起きたことで事故が発生したというニュースを時折耳にしますが、当院では送迎業務があるため、不安に感じることがあります。その対策として、今後採用面接時に、応募者に対して持病の有無について確認したいと思いますが、問題はないでしょうか?

【A】従事する業務によっては、持病により支障が生じる可能性もあることから、確認の必要性は高いといえます。もっとも、持病を有することによって、採用段階において差別的な取扱いがないような配慮は、欠かさないように注意しなければなりません。

詳細な解説については、こちらをご覧ください。

【経営・税務】意外と知られていなくて驚いたのですが、役員のボーナスが経費になります。

事前確定届出給与というのですが、あらかじめ税務署に役員それぞれのボーナスの支給日・支給額等を届出ることにより、以前は経費にならなかった役員ボーナスが経費になります。
この届出は厳格に執行しないと経費になりませんので、ご不明の点は、お問い合わせください。
以下が国税庁ホームページこちらをご覧ください。

【人事・労務】 協会けんぽの健康保険料率・介護保険料率の見直し

全国健康保険協会(協会けんぽ)の健康保険料率および介護保険料率は、毎年3月分(4月納付分)から見直しが行われることになっています。今回、健康保険料率については各都道府県によって、引上げ・引下げ・据え置きとなり、介護保険料率は引上げ(全国一律)となりました。以下ではそれぞれの料率とその他の社会保険料率の変更見込みについて確認しておきましょう。

1.平成29年3月分からの協会けんぽの健康保険料率

2.引上げとなった介護保険料率

3.その他の社会保険料率の変更見込み

詳しくはこちらをご覧ください。

【人事・労務】 過重労働解消キャンペーンによる労基署調査対象事業場の67.2%で法令違反

厚生労働省は昨年11月に「過重労働解消キャンペーン」を実施し、労働基準監督署による重点監督などを進めていましたが、先月、この実施結果が取りまとめられ、公表されました。そこで、今回は、労働基準監督署の調査におけるポイントを理解するという意味から、この実施結果の内容を確認しておきましょう。

1.法令違反の状況と主な内容

2.労働時間の管理方法

3.健康障害防止に係る指導状況

の点について実施されてました。

詳しくはこちらをご覧ください。