【税務 会計】 3,000万円までは控除! マイホームを売ったときの特例 ~利益が出た場合~

マイホーム(居住用財産)を売ったときは、所有期間の長短に関係なく譲渡所得から最高3,000万円まで控除ができる特例(居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例)があります。譲渡益が3,000万までは、税金がかからないという訳です。
詳しくは、こちらをご覧ください。

【人財育成】 リーダーに求められる「説明する力」

チームスポーツの指導者が、もっとも頭を悩ませる場面とは? 「先発メンバーの決定」と答える指導者は、種目を問わずに多い。

チームが勝っているなかでスタメンを代えると、先発落ちした選手は「結果が出ているのになぜ?」と思う。「監督は自分が嫌いなのか?」といった疑問さえ心に浮かべる。

続きは、こちらをご覧ください。

【経営】 医師10万人規模の大調査で過重労働・超過勤務の一般化が明らかに

厚生労働省が平成28年10月から平成29年4月にかけて開催した「新たな医療の在り方を踏まえた医師・看護師等の働き方ビジョン検討会」より、報告書が公表されました。この中で、厚生労働科学特別研究「医師の勤務実態及び働き方の意向等に関する調査」研究班が昨年12月に行った、全国の医師約10万人を対象にした大規模全国調査(回収済回答数15,677人)の結果が紹介されています。

詳しくは、こちらをご覧ください。

【人事・労務】 人事労務Q&A 勉強会参加は労働時間?

【相談内容Q】

当院では、業務終了後に職員が自主的に集まって勉強会を行うことがあります。今回、勉強会への参加を管理職が強く呼びかけたところ、一部の職員から「参加が強制されるのであれば時間外手当を支払って欲しい」という声が挙がりました。自主的な勉強会に対して、賃金(時間外手当)の支払いは必要でしょうか?

【ワンポイントアドバイスA】

勉強会に参加しないことで不利益な取扱いがあるなど、実質的に参加が強制される場合、その時間は基本的に労働時間と扱われ、賃金(時間外手当)の支払いが必要です。そのため、労働時間として扱わないのであれば、自由参加であることや不参加の場合でも不利益がないことを明確にしておく必要があります。

詳細解説についてはこちらから・・・

 

 

【経営】 介護施設 福祉施設等での腰痛予防対策の取組状況

厚生労働省が平成27年に発表した資料によると、職場での腰痛で4日以上休業する人は、年間で4,000人以上、そのうち、社会福祉施設や医療保険業が3割を占めています。ここでは29年3月に発表された資料(※)から、福祉施設等での腰痛予防対策の取組状況などをみていきます。

【1】腰痛予防教育を行っている割合

*腰痛予防教育を行っている時期についても掲載しています。

【2】腰痛予防対策の取組内容

詳細は、こちらからご覧ください。